So-net無料ブログ作成

音読指導 初期 5 [初期の指導]

  ◆表現読み
  歌に続いて音読。
  この2つは、密接な関係がある。
  歌がよくなれば、音読もよくなる。
  音読がよくなれば、歌もよくなる。
 
  歌がよくなってきたので、音読指導に入ったのである。
 
  歌う声  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
  音読の声 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
  地声   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  このように板書。
 
  はじめ、歌う声で音読させる。
  教材は、『春の歌』である。
 
  ちょっと声が高すぎるが、とてもきれいな声だ。
  響いている。
  もう少し下げるようにいう。
 
  今度は、下げすぎ。
  地声に近くなってしまった。
  声のコントロールは、難しい。
 
  だんだん、音読の声になってきた。
  きれいである。
  今までの音読と、がらっと変わった。
  「音読の声」による音読。
  導入、大成功。
  このあと、『春の歌』の冒頭部分を練習。
  表現して読む。
 
  ★『ひろがる言葉』
  前回やった「強弱」をつけることができるか。
 
  最後の方は、地声になってしまう。
  声を大きくすると、コントロールが難しくなる。
  最初をうんと小さくする。
 
  続けて、お遊び。
  「町じゅう」→「A区中」→「東京中」→「日本中」
 →「世界中」→「宇宙中」(笑)
 
  ★『あり』
  音読の声だが、表現して読む。
  私が読んでみせる。
  爆笑。
  続いて、いろいろな人になって読む。
  得意なのは、右京さん、古畑さん。
 「似ている」
 「そっくり」
 「本当の名前は、『杉渕右京』っていうんですよ」
 「うそばっかり」
 
  『あり』の表現読み。
  こんな読み方、あり?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。