So-net無料ブログ作成
検索選択
音読の声 ブログトップ

発見 音読の声! [音読の声]

 
 発見「音読の声」

 いままで聴いたことがない声

 赤穂東小の研究会に参加しました。
 もう、10年以上も前のことです。
 戸田敦子先生の授業を見ました。
 ※斎藤喜博先生の直系です。
 『大造じいさんとガン』の授業でした。
 私は、音読の声に圧倒されました。
 今まで、聴いたことのない声です。
 鈴を転がすような、ここちよい響き。
 クリアトーン…
 今までもっていた声のイメージが崩れ落ちました。
「どうして、こんなにきれいな声が出せるんだ…」
 普段の声がハスキーな男の子も、音読、発言になると声が変わるの
です。
 子どもが育つと顔が変わる、表情が変わる、体型が変わるのは、体
験しました。
 しかし、声が変わるというのは初めてでした。
 
 あまりの心地よさに寝てしまうのではないかと思いました。
 その調べは、子守歌のようでした。

 この声が、音読の声の原点になっています。

 音読の声
 
 いくらがんばっても、戸田学級のような声にはなりませんでした。
  ・育つ→声が変わる
 の反対から迫ってみようと思いました。
  ・声を変える→育つ
 というルートです。

 そこで、試行錯誤の末に音読の声を思いつきました。
 鎌田先生(故人 西六郷少年少女合唱団指揮者)教えていただいた
歌う声もヒントになっています。
 地声(普通の声)と歌う声(頭声)の中間です。
 これを、音読の声と名づけました。


 地声(普通の声)でやっていると、なかなかうまくなりません。
 どなる、語尾が下がる、語尾がのびる…こうなりやすいのです。
 「もっと元気に」「大きな声で」よけいに表現から遠ざかります。
 普段より、ちょっと軽め、高めの声を出させましょう。
 氣取った声のような感じです。
 ちょっと変えるだけですが、格段に表現しやすくなります。
 声をコントロールしやすくなるのです。
  

音読の声 [音読の声]

 ◆音読の声              
  
  
   子どもを伸ば人、伸ばせない人の差は、わずかだと思います。
   しかし、そのわずかな違いが大差になります。
  
   ほんの少しの差なのですが…
  
   学級が育ってくると、声がきれいになってきます。
   私が参観した学級は、例外なくきれいでした。
   しかし、相当な力量がないと実現は不可能です。
  
   そこで、一般化できないか…
   考えました。
  
   あるときひらめきました。
  「音読の声!」
  
   地声(普通の声)で、音読させても限界があります。
   いくら表現しようと思っても、できないのです。
   コントロールできないのです。
  
   私が発見したのは、音読の声です。
   この声だと、コントロールができます。
   強弱、抑揚がつけやすいです。
   自分の思うように読むことができます。
  
   指導すれば、1年生でもできます。
   すぐにできます。
   はじめてあった子どもたちでも変わります。
   これが、技術です。
  
   さて、音読の声とは?
  
   文章化するのは難しいのです。
  
   地声(話す声)と歌う声の中間くらいです。
   やさしく語りかけるように声を出します。
   声を上に持っていきます。
   ちょっと軽い感じです。
  
   出発点における技術です。
   地声で音読させると、1年立ってもさほど上達しません。
   「音読の声」でやらると、上達します。
音読の声 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。