So-net無料ブログ作成
検索選択
指導の初期 ブログトップ

『はじめて小鳥が飛んだとき』 [指導の初期]

 ★表現読み
 『はじめて小鳥が飛んだとき』
 連休で、細かい部分が吹っ飛んでいる。
 それほどできていないのだが…
 さらにレベルダウンしている。
 雑、雑、雑っ!
 意識を持って練習しても、体が動かない。
 表現の難しさに、連休の影響が加わる。
 「三役」を意識して読む。
 これができない。
 同じようになってしまう。
 ・語り手
 ・母鳥
 ・父鳥
 いい方を変えないと、感じが出ない。
 子どもたちは、いい方を変えているようだが…
 聴いている方は、同じに聴こえる。
 この「ずれ」が問題である。
 聴き手が感じなければ、変わっていないのである。
 母鳥の台詞。
 小鳥が目の前にいない…
 小鳥を見なければいけない。
「心配しないで」
 普段は、絶対にそういういい方をしない。
 言葉での指導は、難しい。
 私が、いろいろとやってみせる。
 教師のまねをさせる。
 それでも、できない。

 語り手の部分も、細かく指導する。
 今日できるかどうかは、問題ではない。
 「今後に向けて」の布石を打つ。

 「うれしさと不安で」
 これが、読めない。
 「うれしい」感じが出ない。
 ただ、声を出しているだけのような感じを受ける。
 がさつ。
 このときの「うれしさ」は、もっと品がよい(笑)
 叫ぶようなうれしさではない。
 「わくわくする」感じが出ない。
 「不安で」は、超下手くそ。
 おなかの力を抜いてしまう。
 聴こえなくなる。
 このへんの指導は、難しい。
 「不安」の感じが出ない。
 「で」が弱すぎるか、強すぎるか…
 「うれしさと」の「と」も難しい。
 強敵揃い。
 「微妙な表現」は、難しい。
 しかし…あえて挑戦させる。
 連休の狭間でも、ハイレベルなことをする。

 「小鳥の小さなむねは」
 ここも、うまく読めない。
 「小鳥」のとき、おなかの力が抜ける。
 力を入れると、「小鳥」の感じが出ない。
 焼き鳥ちりとり、など言葉を換えて読ませる。
 「今、飛ぼうとする小鳥」である。
 「うれしさと不安でいっぱいの小鳥」である。
 さらーっと読んでは、感じが出ない。

 「どきんどきん大きく鳴っていた」
 ここも、難しい。
 同じ言葉がくり返されている。
 こういうときは、読み方を変えるのが常道。
 粗くいえば、4通りの読みができる。
 ・強弱(強→弱、弱→強)
 ・変化(だんだん弱く、だんだん強く)
  音楽でいえば、> <。
 そのあとに、「大きく」がある。
 2つめの「どきん」を強く読むと、「大きく」が聴かなくなる。
 さらに声を出すと…
 変になる。
 「どきんどきん」と「大きく」を変えて読まないといけない。
 口の中で声を出すような感じで「どきんどきん」だんだん強く。
 「おーーーきく」ではなく「おおきく」
 2つめの「お」をはっきり読み、「きく」はちょっと押さえて読む。
 難しい…
 現レベルでは難しいことを、入力した。
 私の本能が、命じたのである(笑)
 なぜ?
 いずれ、わかるときがくるだろう。

表現読みの指導 いろいろ [指導の初期]


   表現読み指導  いろいろ
  
  一まいの紙から 船が生まれる 飛行機が生まれる
  
   一回読ませる。
  「昨日いわれたことを意識した人」
   約半数が挙手。うれしそう。
   半数の子は、しまったという表情。
  「もう一度やってみます」
   ずいぶんとよくなった。
   意識するかしないか 
   大きな違いである。
  
   指導する。
   5年生のときにくらべ、声が出てきた。
   重たくなくなってきた。
   言葉がはっきりしてきた。
   昨日一日でかなり上達している。
  
   伸びるときは一氣に伸ばす
  
   声を上に持っていくこと
   声を腹筋で支えること
   を教える
   いい感じである。
   声が響くようになってきた。
  
   聴き手を意識させる。
  「君たちの前に誰がいますか」
  「何人くらいいますか」
  「人数によって、目の使い方が違ってきます」
   
  「今度は、目の前に一年生がいるとイメージしましょう」
  「一年生に語りかけるように読んでみましょう」
  
   一人ずつ読ませる。
   化けた子の表情がいい。
   今までにない表情。
   確実に変わった!
  
   読み方を指導する。
   「一まい」について、教える。
  「『一まい』と読む前に、心の中で読むんです」
  
  「たとえば、心の中で『たった』と読みます」
  「そして、声を出して『一まいの紙から』って読むんです」
  「やってみましょう」
   読み方が変わった。
   先ほどは、「一まい」ではなく「ちまい」と聴こえた。
   今回は、全員「一まい」と聴こえた。
   わずかな指導で、がらっと変わる。
  
   次回の予告
  「この紙は、どんな紙でしょう」
  「この紙のことを大切に思っているのでしょうか」
   などなど。
   ヒントを出す。

3つの教材文を読みわける [指導の初期]

  3つの教材文を読みわける
  
   『たんぽぽ』 表現読み、口をはっきりあけて
   『ふきのとう』やさしい読み方
   『スイミー』 メリハリ
  
   『たんぽぽ』
   「 たんぽぽさんって、
    まぶしいのね。
    ひまわりさんの 子で、
    お日さまの まごだから。」
   と、ちょうちょうが きいた。
   たんぽぽは、
   うふんと わらった。
  
   教えたこと
   ・ちょうちょうは、上から見ている。
   ・まぶしそうにしている。
   ・相手に語りかけている。
   ・「うふん」の工夫。
  
   『ふきのとう』
    よが あけました。
   あさの 光を あびて、
   竹やぶの 竹の はっぱが、
   「さむかったね。」
   「うん、さむかったね。」
   と、ささやいて います。
   雪が まだ すこし のこって、
   あたりは しんと して います。
   
   教えたこと
   ・やわらかく読む。
   ・さわやかに。
   ・明るくなった感じを表現する。
   ・「ささやいて」内緒話のように読む。
   ・声の大きさを変える。
   ・「あたり」で、周りを見る。
   ・「しん」のいい方。
  
   『スイミー』
  
    広い 海の どこかに、
   小さな魚のきょうだいたち
   が、楽しく くらして いた。
    みんな 赤いのに、一ひき
   だけは、からす貝よりも
   まっくろ。およぐのは、だれ
   よりも はやかった。
   名まえは スイミー。
  
  
   教えたこと
   ・「広い海の」声を広げる。
   ・「どこかに」どこかわからないという感じを出す。
   ・「小さな」ささやくように読む。
   ・「楽しく」楽しそうに明るく。
   ・「みんな赤いのに」スピーディーに読む。
   ・「一ぴきだけは」強調する。ゆっくりはっきり
   ・「からす貝よりも、まっくろ」スピーディーに読む。
    速→遅→速(緩急)
   ・「およぐのは、だれよりもはやかった。」自慢して、素早く。
   ・「名まえは」の後、うんとためる。
   ・「スイミー」 アナウンサーのコールのように読む。
  
   ※まずは、まねから入る。
   「考えなさい」といっても、考えられない子がいる(今は)。
   教師が見本を示し、その通りにやらせるのがいい。
  
   一人ひとり
   今日は、希望者のみ「やりたい」といった子のみ読ませる。
   さすがに上手い。
   堂々としている。
   発表した子のいい点をほめる。

初めての指導 [指導の初期]

  
初めての指導   2年生編

音読させる。
   地声でだらっと読む子どもたち。
   リズムもテンポもない。
   「読む」とうことがどういうことかわかっていない。
   ただ声を出しているだけ。
   私がやってみせる。
  「先生のように読みましょう」
   百聞は一見にしかず
   まねさせるのがいい。今の段階では。
   ・聴き手を意識させる 目
   ・表現
   すぐによくなった。
   しかし、地声は変わらず。
   
   地声とそうでない声の説明。
   実際にやってみせる(爆笑)
   「さあ、やってみよう。ぼく、やってみるという人」
   最初に手を挙げた子をほめる。
  「みんなが手を挙げないとき、最初にやる…とっても勇氣がいるんです」
  「えらいぞ!」
   →挑戦することが大切
  
   どんどん手が挙がる。
   思ったよりもよくできる。
  「やりたくない人」
   3分の1の子の手が挙がった。
   予想通り。
   →正直にいうことも大切
  
   音読の声を教える
   実際に読ませる。
   できる子もいれば、できない子もいる。
   当然である。
   今日は、実態把握で終わり。
指導の初期 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。