So-net無料ブログ作成
検索選択

音読講座の感想より [感想]


音読講座の感想より

考えながらも知らないうちに何度も読んでいたのに気がつきました。いろいろ読ませるパターンのヒントが参考になりました。

いつもそうですが、とても楽しくて時を忘れます。今回は少しでもまねをしようと思って指導言を書いておきましたが、書ききれないくらい流れ出ていました。

音読の大切さを実感しています。自分が実践。それを子どもに伝えて行きたいです。

このように音読指導はやるのか! と眼からうろこが落ちた思いです。今年、2年生担任で、「ふきのとう」は終わってしまいましたが、これからの指導に生かして行きたいです。怖そうな人が面白いことをしてくれると本当に良いですね。私もそういう教師になりたいです。

子どもの表現力を鍛えるには教師自身から手本となれるよう表現力を磨きたいと思います。

子どもたちの表現は、教師の表現に似てくるということで、教師も表現力を鍛えていかないとならないなと思いました。いろいろな読み方を教えていただいたので楽しく音読の学習ができそうです。

授業の中で、楽習を増やしていきます。そのために日々の教師修業を続けていきます。

読み方のバリエーションがとても勉強になりました。ちょっとした意識を変えるだけで、ここまで変わるものかと驚きました。

音読だけでも様々なが指導パターンがあるのに驚いた。教師が徹底的に教材を読んでいるからこそできる発問が随所にあり、明日から自分の教室でも実践してみたくなった。

様々な表現を具体的にお手本を見せる。教師の表現力が素晴らしいと思いました。

音読は感情だけだと思っていましたが、意外にも、リズムやイントネーションや気持ちが入っていることを振り返りました。

子どもを上達させるためには、自分が上達しなければならないと分かりました。表現読みは難しかったです。自分自身を鍛えなければならないと感じました。

「しかる前におしえる」「教えること」「自覚の大切さ」「日常の回路をつくる」「状況」「感覚の再現」クラスの中での自分の存在。なるほどと気づかせる知らないうちにききいっていました。

実際に「体験」した音読指導。メールマガジンで読んでいたけれど、目で見て、初めて「なるほど」と思いました。100通りの読み方、やってみます。

「叱るの前に、教えなければならない。」杉渕先生の講座には、笑いとメモをする手が止まりませんでした。

「ふきのとう」は二回目でまた同じ教材かと思いましたが、新たに勉強になりました。

45分がとても短く感じました。「音読」という1つの活動だけで密度の濃い講座でした。

メールを読ませていただいて、イメージがわかない(創れない)ところがありましたが、今日の講座に参加してわかるところが多かったです。ただ、自分ができるとは限りませんので練習します。

現在、担任外という立場にあり、なかなか自分の思うように実践できないこともありますが、音読で授業を行うときは、ぜひ、実践させていただきたいと思います。ありがとうございました。

教師が照れていてはだめということがわかりました。

何気ない音読も、細かいポイントを教えた指導が大切だということが分かりました。

たのしくなる講座でした。表現読みの「つぼ」をありがとうございました。「ふきのとう」が100倍楽しくなりました。

一度体験してみたいと思っていた杉渕先生の指導を受けることができました。表現を通して、様々な発見ができますね。言葉の持つパワーを感じることで子どもたちも楽しめます。

どの子にも学力を保証させるためには、繰り返しの指導が大切だと改めて感じました。しかし、それは、子どもたち一人一人に回路をつくっているということなんだと思います。しかし、その回路をつくるにも、圧倒的な量とバリエーションが必要なんだと感じました。いつもどおり面白い講座でした。

密度の濃い時間でした。「ふきのとう」を子どもたちと学んだときにわかっていればと思う半面、来週からの今の子へ実践していきます。ありがとうございました。

音読にも様々な方法があり、教える側によって子どもたちも変わっていくことをしりました。

「ふきのとう」は楽しい。教師がそう思えるので、子どもたちに楽しさをもっと伝えなければいけないと思いました。2年生をもったら今日のことを思い出していきます。

とても楽しく表現させてもらいました。杉渕先生のユーモアには、いつも笑わせていただきます。「つなげる」をこれから意識していきたいです。

毎回楽しませていただきます。指導とエンターテイメント性は、一体ですね。

音読は大切なんですね。楽しく学習できました。楽習は奥が深いです。先生は簡単にやっていますが、技が必要ですね。

実際に声に出して読むことで子どもへの指示の仕方、表現の仕方、声の出し方などがよくわかりました。子どもにはまず成功体験をさせて、徐々に鍛えていくということも勉強になりました。

音読について学習できました。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。