So-net無料ブログ作成
リンク ブログトップ

応援 [リンク]

  
  応援練習

  運動会には、応援がつきもの。
  音読に関わるのが、応援。
  「声を出す」
  非常にシンプル。
  上手下手より、「声を出すか、出さないか」
  年々、声を出す子が少なくなってきている。
  「声はエネルギー」である。
   
  応援団、特に団長、副団長は、声を出している。
  がんばっているのがわかる。
  氣持ちが伝わってくる。
  しかし…それ以外が×××。
  声を出していない。
  低学年も、声を出していない。
  うーん。
  クラスや学年で取り組んでいないことは、一目瞭然。
  声が小さすぎる。
  それ以前に、意識が低い。
  
  応援団は、それ以外の子に声を出させることをしないといけない。
  まだ、自分レベルで終わっている。
  運動会直前で、これは厳しい。
  私の学級は、声を出している。
  しかし、先輩にくらべると、まだまだ。
  話にならないレベルである。
  ・表情が違う。
  ・体全体を使って、声を出していない。
  「運動会の歌」もそうだったが、今年は声が出ていない。
  昨年も出ていないと思ったが、一氣にレベルダウンした。
  人間のエネルギーがダウンしているのかもしれない。
  地球温暖化に匹敵する大問題である。
リンク ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。