So-net無料ブログ作成

次元を変える [次元]


  次元を変える

  ◆表現読み
  『きつねの窓』の表現読み。
  班ごとに練習。
  いつもより、練習の密度が高い。
  熱心に話し合っている。
  今までで、一番よい。
  ・集中度
  ・内容
  いずれもよい。
  ただし、ちょっと話し合いすぐ練習がよい。
  いくら話し合っても、机上の空論ではダメだ。
  実際やることで、いろいろなことがわかる。
  たりない点、工夫すべき点、弱い点、よい点など。
  また、話し合えばいい。
  ・ちょっと話し合い
  ・実際に読んでみる。
  これをくり返すのが、「練習」。
  
  途中経過を発表させる。
  ◎表現
  格段によくなっている。
  読み方が違う。
  先輩たちに、近づいてきた。
  ▲声が小さくなる。
  表現しようとすると、声量が落ちる。
  これをどうするかが問題。
  表現を意識すると、「腹から声を出す」が飛んでしまう。
  中には、声量が落ちない子もいる。
 
  声量と表現を融合させなければ…
  これが、難しい。
 
  このあと、練習。
  発声練習から入る班が、多かった。
 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。